ワークブックの活用方法


24時間365日、あなた専属のコンサルタントです。

このページに来てくれてありがとう!キャリアの妖精・ニジーです。

ここでは、『Nijiiro Career Note』を使って、「なりたい自分」になる方法をお伝えするで。

 

一度きりの大事な人生やもん。あなたには「なりたい自分」のイメージがあるんちゃうかな?

「好きなことを仕事にする」「素敵なパートナーと暮らす」・・・色んな希望があると思うねん。

うちは考えるツールとして、『ライフ・キャリア・レインボー』を使ってるで。

虹色キャリア1年生

【ライフ・キャリア・レインボーとは】

キャリアの理論家・スーパー(Super,D.E. 1984)が発表した虹のようなモデル。

キャリア発達に「ライフステージ」と「ライフスペース」の概念を取り入れている。

5つのライフステージ・・・成長、探索、確立、維持、解放

6つのライフスペース・・・子ども、学生、余暇人、市民、労働者、家庭人

※書籍によって、記載が異なる場合があります

ワーク1.「なりたい自分」をイメージする


キャリアは仕事だけやなくて、人生のステージにある色んな役割の組み合わせのことやねん。

 

あなたは仕事や学校以外にも、家庭で夫・妻・お父さん・お母さんになったり、趣味を楽しんでるんちゃうかな?

あまり意識せず都度、臨機応変に対応してると思うねん。

 

 

ワーク1では、あえて意識して6つの役割から「なりたい自分」をイメージしてみよか。

書くことで目に見えるようになるから、より明確になるねん。

考えを整理する方法として、書き出すことは有効やで。

 

役割①~⑥を1日1つずつ書いても、複数書いてみてもええよ。

1冊で30回書けるから、役割が追加されたり、考え方が変わったら書き直してみよか。

「なりたい自分」をイメージする

右下のNCN(  )は、ページ番号を書いたり、好きに使ってや。


ワーク2.「なりたい自分」になる


「なりたい自分」をイメージできたやろか?

 

ワーク2では、「なりたい自分」になる具体的な方法を考えていくで。

 

このページは、今と理想のギャップが一目でわかることはもちろん、ギャップを埋めるために何をしようか考えられるところもポイントやね。

 

最初は無理やと思っても、周りの人や専門家にアドバイスをもらったり、今できることを見つけて行動することで、実現に近付くと思うねん。

 

この記入例は、虹色キャリア代表でキャリアコンサルタント 宮宅 優の実例やねん。

最初は短大行って学びたいけど、2年間続けられるか、途中で無理と思ってあきらめへんか不安やったらしい。

でも、必要なステップを書き出してみると「これならできそう!」と思ったらしいで。

 

 

 

宮宅 優より

「短大に行きたい。勇気がいるけれど自分の気持ちに正直になって、ひとつずつ整理・行動したら、無理ができるに変わりました

「なりたい自分」になる