ワークブックの活用方法


24時間365日、あなた専属キャリアコンサルタント。

このページに来てくれてありがとう!キャリアの妖精・ニジーです。

ここでは、『Nijiiro Career Note』を使って、「なりたい自分」になる方法をお伝えするで。

 

一度きりの大事な人生やもん。あなたには「なりたい自分」のイメージがあるんちゃうかな?

「好きなことを仕事にする」「素敵なパートナーと暮らす」・・・色んな希望があると思うねん。

うちは叶えるツールとして、『ライフ・キャリア・レインボー』を使ってるで。

虹色キャリア1年生

【ライフ・キャリア・レインボーとは】

キャリアの理論家・スーパー(Super,D.E. 1984)が発表した虹のようなモデル。

キャリア発達に「ライフステージ」と「ライフスペース」の概念を取り入れている。

5つのライフステージ・・・成長、探索、確立、維持、解放

6つのライフスペース・・・子ども、学生、余暇人、市民、労働者、家庭人

※書籍によって、記載が異なる場合があります

ワーク1.「なりたい自分」をイメージする


ワーク1は

「なりたい自分」のイメージが、6つのカテゴリー(役割)のどれに入るのか考えてみよか。

 

 

例えば、「実は、結婚も考える恋人ほしいんだよね・・・」

と考えたとき、「家庭人」の欄にちょこっとメモするだけで、考えていることが見えるようになるで。

 

 

6つのカテゴリー(役割)のうち1つ選んで書いても、複数書いてもええよ。

1冊で30回書けるから、自分の考え・価値観を書き出して確かめる練習帳(ワークブック)として、バンバン使ってや。

「なりたい自分」をイメージする

右下のNCN(  )は、ページ番号を書いたり、好きに使ってや。


ワーク2.「なりたい自分」になる


ワーク2は、上から

 

1.ワーク1で選んだカテゴリー(役割)。

 

 

2.「なりたい自分のイメージ」を、より具体的に書いてみよか(ワーク1にメモしたことを、そのまま書いてもええよ)

例えばダイエット(宮宅 優は余暇人欄に書いたで)なら、「5kg減量する」という風に、数字も入れたら一層リアルになるで。

 

 

3.「今の自分」についても書いてみよか。

 

 

4.上記2と3のギャップを埋めるために、何をする

最初は思いつかんでも、周りの人や専門家にアドバイスをもらってみよか。

今できることを見つけて行動することで、実現に近付くで。

「なりたい自分」になる

私が叶えたこと


私こと宮宅 優も、日々、「なりたい自分」を目指して行動しています。

以下、叶えた例をご紹介します。