相談例


仕事選び、職場の人間関係、資格試験の勉強に関する相談が多い傾向です。

一例をご紹介します。

 

※個人情報保護のため、一部アレンジしています

復職スケジュール

ノートに簡単な復職スケジュール、ライフプランを書くと「今」力を入れることが見えてきます。

復職を考えるものの家庭と両立できるか不安


【相談者】

・20代

・女性

・求職中

 

【相談内容】

医療関係の仕事をしていましたが、夫の転勤で退職しました。

今は3歳の子どもがいます。

仕事が多忙な夫から「家事・育児には協力できない」と言われました。

働いていない期間を長引かせたくないのですが、家庭と両立できるか不安です。

 

【キャリアコンサルタントの対応】

仕事と家庭の両立を考えるとき、頼れる人・場所の点検は必須です。

相談者さんは転勤族のため、生活が落ち着く時期はもう少し先とのこと。

短期~長期で復職準備することを提案し、一緒にライフプランを整理しました。

今は家庭に力を入れています。

職場の同僚との付き合い方で悩んでいる


【相談者】

・30代

・女性

・建設業

 

【相談内容】

職場の同僚から

「これをやってほしい」

「相談したいから休日会いたい」

など、度々お願いされます。

会う約束は同僚の都合ばかり優先されて、当日キャンセルになることもありました。

都合よく利用されて悲しいです。

 

【キャリアコンサルタントの対応】

相談者さんは、転職に向けた試験勉強も抱えています。

同僚に振り回されることに疲れ、関係を断ちたい気持ちが強い印象を受けました。

徐々に接触の頻度を減らす方法を一緒に考えました。

・思考と行動を試験勉強に集中させる

・同僚と会う約束をしない

・送られたメッセージは短く返信

結果、職場以外で会うことも、お願いされることもなくなったそうです。

仕事の悩みを抱える部下の相談にのってほしい


【相談者】

・50代

・男性

・情報通信業

 

【相談内容】

退職を考えている部下(20代の女性)がいます。

仕事の悩みを抱えている印象を受けたのですが、上司の私には話しにくいと思います。

中立的な立場から相談にのってほしいです。

 

【キャリアコンサルタントの対応】

「もう上司も先輩も信じられない」と話す相談者さんは、オーバーワークの傾向がありました。

責任感が強く、次々と頼まれる仕事をこなしても評価が伴わない状態が続いたそうです。

今までの苦しみを整理して、転職活動のため働き方の優先順位を明確にするステップへ進みました。

相談日から約2か月、新しい職場で働き始めたとご連絡をいただきました。

資格試験の勉強がしんどくて困っている


【相談者】

・20代

・男性

・求職中

 

【相談内容】

転職するために資格試験の勉強を始めて数年、しんどくて困っています。

「自分に合わないかもしれない」

そう思いながらも続けていました。

自分の価値観など、明確にしたいです。

 

【キャリアコンサルタントの対応】

相談者さんが勉強していたのは、合格率10%以下になる年もある超難関資格でした。

勉強を続けるうちに、引っ込みがつかなくなったとのこと。

・なりたい自分

・やりたい仕事

・勉強中の資格の必要性

これらを一緒に考えました。

相談後、相談者さんは資格の勉強を終了し転職。

今は、夢中になれる分野の勉強ができていると教えてくれました。