ワークブックの使い方


ワークブックは、なりたい自分になるためのガイド(案内役)であり練習帳です。

気軽に書いていきましょう。 

 

使い方を、ステップ1から順番にお伝えします。

ステップ1.人生の役割


私たちは日頃、色々な役割を使い分けています。

ワークブック表紙裏を参考に、臨機応変にやっている役割を意識してみましょう。

 

今の自分・なりたい自分に「仕事」などタイトルを付けるイメージで書きます。

ステップ2.今の自分・状況


明確になると、今後の行動に大きな影響がある項目(その1)です。

 

今の自分が解決・達成・整理したいことなどを書いていきましょう。

キーワードのメモだけでも明確化につながります。

ステップ3.なりたい自分・状況


明確になると、今後の行動に大きな影響がある項目(その2)です。

 

講座でも「なりたい自分をイメージできません」と質問されることがあります。

そんなときは雑誌やSNSを見て、なりたい自分のイメージ収集をするのはどうでしょう。

 

なりたい自分・状況を書いていくと、必要・不要なことも明確になります。

次に書く「やることリスト」に入らない、不要なことを手放すチャンスです。

ステップ4.やることリスト


今の自分・状況と、なりたい自分・状況の差をうめる行動(やること)を書いていきましょう。

今日・明日からできるボリュームで考えることをおすすめします。

 

思いつかないときは、周りの人や専門家に相談してみましょう。

キャリアコンサルタントは他の専門家と連携する機会があり、情報が集まります。

ぜひ相談先に入れていただきたいです。

巻末.目標達成スケジュール


やることリストを達成するためのスケジュールを組みましょう。

 

ワークブックを使い始めるとき、なりたい自分になるためのイベントを書くと、逆算して行動する意識が芽生えます。

例えば資格試験の場合は、試験日から逆算して勉強することが重要です。

 

スケジュールを組んだら・・・あとは行動あるのみです!

ワークブックの使用風景

週1回の自分ミーティング


週1回、思考・行動に向き合う「自分ミーティング」の時間をつくりましょう。

 

ワークブックを開いて

ステップ3.なりたい自分・状況のイメージ

ステップ4.やることリストの進み具合

を確認したり、新たに書いたり・・・。

 

時間帯は、寝て体力・気力が回復した午前中がいいですね。

場所は、出勤途中のカフェはどうでしょう。

やること・時間が限られる出勤までの間、集中して取り組むチャンスです。

 

LINEで思考・行動をととのえるタイミングをお知らせしています。

ぜひ、虹色キャリア(@nijiiro_career)を友だち追加してください。