代表プロフィール


虹色キャリア代表/国家資格キャリアコンサルタント

宮宅 優(みやけ ゆう)

虹色キャリアコンサルタント宮宅 優

虹色キャリアコンサルタントとして、「虹のように彩りゆたかなキャリアづくり」を伝えるために、主に関東・関西で相談室、ワークショップを開催しています。

これまで124人(2018年12月10日現在)の方に『ライフ・キャリア・レインボー』を描いていただきました。ありがとうございます!

 

【出身地】

兵庫県神戸市の海側

 

【家族】

夫(アルパカ似)、子ども(電車と新幹線愛全開の3歳)と3人暮らし

 

【保有資格】

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、ジョブカード作成アドバイザー、婚活アドバイザーなど

 

【趣味】

漫画を読む・描くこと、健康のために始めた10kmマラソン、お気に入りのカフェやホテルを見つけることなど

SNS


いいね!&フォロー大歓迎です。よろしくお願いします。

Facebookページでは、イベント情報やブログをシェアしています。


虹色キャリアへの道のり


決して順風満帆な道のりとは言えませんが、「手探りに学び、生きてきた自分にもできることがあるはず」と思いながら歩いてきました。

0歳~ 突き抜けた家族との生活


卓球選手・インストラクター・上級審判員の両親のもとに生まれました。

のちに生まれた妹は漫画家、弟は実業団の卓球選手になるという、突き抜けた5人家族の長女です。

 

2歳の頃、母がお絵描き教室に連れて行ってくれたことが、絵と出会うきっかけです。

小学生になってからは、父が買ってくれた漫画雑誌『なかよし』と漫画家の道具を片手に、漫画に目覚めました。

12歳~ 勉強も進路も消極的


ノートに漫画を描いては学校に持参して、友達に読んでもらいました。

 

高校までは、学校の勉強や運動に消極的な子どもでした。

受験生のときも「近所の公立高校に通えたらいいな」と思うくらいで、進路に対して深く考えていませんでした。

16歳~ 遅れ咲き高校デビュー


高校2年生の夏休み、生徒会の会計担当になるお誘いをいただきました。

美術部の部長にもなってコミュニティで活動する楽しさを味わい、興味がある副教科を中心に勉強も頑張るようになりました。

 

今後の進路を踏まえてコースを選択するとき、当時は母のように国文学科がある短大に行くものだと思い込んでいました。よって、就職することは考えていませんでした。

しかし、父の自営業が不振であることを察したため、急きょ就職コースの科目を受けさせてもらうことになりました。

お世話になった担任の先生は、結婚式にも出席してくださるなど、今も恩師としてお付き合いさせてもらっています。

18歳~ 社会人デビュー


2社受けたうち、内定をいただいた食品卸売業の会社に営業事務として就職しました。

学生気分が抜けていなくて、よく叱られました。ゆえに、会社や上司から認められることが仕事だと思っていました。

 

2年目は職場の人間関係がこじれたり、苦手な仕事の担当になるなど試練が続きました。同時に、漫画家になる夢と真剣に向き合いました。

 

漫画家を目指し、20歳で退職しました・・・が、なかなか投稿作品が仕上がらず、雇用保険の失業給付も終了間近だったため、公的機関にアルバイトとして就職しました。

虹色キャリアコンサルタント宮宅 優

24歳~ 転職から茨の道


23歳のときに大阪で一人暮らしをはじめ、自分の生活スタイルがわかってきました。

総務・人事担当の仕事、資格取得の勉強を頑張っていた記憶があります。

 

この時期、上司から隣の部屋に転勤してきた男性(夫)を「お茶飲み友達」として紹介されました。

ちなみに私の恋愛歴ですが、学生時代は告白できず全部片思いで終了し、社会人初期は自己実現に燃えて上手くいきませんでした・・・

25歳転職限界説を信じて「25歳までに、安定した正社員になりたい!」と退職を決意した11月、交際が始まりました。

 

24歳で転職して正社員になりましたが、いわゆるブラック企業と呼ばれるところで「入社する前に仕事現場を見せてもらえばよかった・・・」と、かなり後悔しました。

冬の厳しい寒さと不安で心身ともに大変辛かったのですが、周りの人にはなかなか相談できませんでした。

同時に労働法の師匠と仲間に出会い、雇用契約など総務・人事担当で学んだ知識が力に変わった時期でした。

27歳~ 結婚・無職で東京生活


25歳で民主団体に就職し、苦手な数字(経理)に向き合っていました。個人事業主になった今、大変役に立っています。

 

27歳で結婚し、友達も土地勘もない東京に移住しました。

最初にできた知り合いは、日本一忙しいと噂されるハローワーク池袋の職員さんです。

初めての二人暮らし、仕事、妊娠・出産で悩み「もう神戸に帰りたい・・・」と布団にくるまって泣いたこともあります。

 

セミナーで日本初のキャリアコンサルタント、起業のプロに出会い、相談がきっかけで産業カウンセラーを目指すようになりました。

29歳~ 出産からのキャリアコンサルタント


帝王切開で出産し、復職を試みました・・・が、週3日のアルバイトだったため認可保育園に入園できず、待機児童になりました。保活に苦戦し、入園まで1年半ほどかかりました。その間、何かせずにはいられませんでした。

 

悩み続けた末、キャリアコンサルタント養成講習を受けることにしました。

そして『ライフ・キャリア・レインボー』に出会いました。

まで「キャリアは仕事のこと」だと思っていたので、仕事をしていない今はキャリアが途切れてしまったと落ち込んでいました。

ですが、子ども・学生時代、結婚したこともキャリアだと知り、自分の可能性が大いに広がりました。

 

「生きていたら色んな可能性がある。もっと自分の思い通りに選んでいい」

そう思った頃から、自分サイズで働こうと起業も視野に入れました。

虹色キャリアコンサルタント宮宅 優

32歳~ 虹色キャリア起業


伝えたいことが見えてきたところで、虹色キャリアコンサルタントとして起業しました。

起業については4年ほど前からほんのり考えていたので、自然な流れでした。

 

今は関東・関西でワークショップを開催させてもらったり、出会った方がご相談に来てくださったり、大好きな漫画を活かすことができています。

お世話になっている方がご縁をつないでくださり、NHKあさイチ様に電話取材していただきました。

 

そして学ぶことも継続しています。

夫に相談したら背中を押してくれたので、一度はあきらめた短大に入学しました。

海辺のホテル

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!

 

大好きな出身地、兵庫県神戸市の海辺にあるホテルで

「好きなことができるって幸せだな」

「自然体でいられる人と結婚できてよかったな」

「我が子の自分に正直なところ、うらやましい。母は新幹線の服2着、注文しちゃったよ」

などと思いながら、このプロフィールを書きました。

 

私の虹色キャリアは、まだまだ塗りかけです。ぜひ、こちらの漫画ブログにも遊びにいらしてください。