メソッド


なりたい自分になるための方法「思考・行動をととのえる4ステップ」を紹介させていただきます。

 

ポイントは「今の自分となりたい自分の差をうめるために、労力を使う」です。

まずは、労力の中身である思考・行動の役割に注目!

労力の中身である思考・行動の役割
メソッド「思考・行動をととのえる4ステップ」

※ステップ1~3は、キャリアコンサルティングで取り組むこともできます

ステップ1.今の自分を明確にする


生活していて

・気になる

・もやもやする

・違和感がある

ことを、紙などに書きます。

目に見えるかたちにして、思考の負荷を減らしてください。

ステップ2.なりたい自分を明確にする


なりたい自分とは、望む生活をしている自分のことです。

書くことは、例えばこの2つ。

・ステップ1で書いたことが解決した状態

・なりたい自分の1日24時間の過ごし方

書いたことを叶えるために、労力を集中させましょう。

ステップ3.やることリストを作る


今の自分となりたい自分の差をうめるために、やることリストを作ります。

やることを書くときは、量・質がポイントです。

量:リスト1枚につき、片手で数えられる

質:今日・明日からできると思える

作ったあと、今の自分となりたい自分の差をうめるリストになっているか再確認!

ステップ4.やることリストをもとに行動


ここからは、行動に集中です。

行動できたら、やることリストのチェックボックスにチェックマークを書きます。

行動しにくいときは、やることの量・質(ステップ3参照)を見直してみてください。

ステップ1~4を繰り返す


あなたと、あなたを取り巻く環境は日々変化しています。

ステップ1~4を繰り返して、望む生活にアップデートしてください。

メソッド「思考・行動をととのえる4ステップ」繰り返し