漫画家専用


漫画は代表・宮宅のライフワークでもあります。

漫画家デビュー・専業になるためのハードルを超えるあなたを、全力でサポートします。

漫画家専用

下記は商業誌で漫画家デビュー~専業にすることを想定した目標、サポートです。

デビュー前


仕事や勉強で忙しく、スケジュールが思うように進まないときは、相談室をご活用ください。

例えば6か月コースで原稿を完成させ、出版社に見せることを目指すのはどうでしょう。

 

【目標1】ネーム完結

漫画はキャラクターや世界観などの構想・プロットなど、いくつものプロセスを経て完成します。

まずは、漫画の設計図であるネーム完結を目指しましょう。

 

【目標2】原稿完成

ネームが完結したら、原稿に進みましょう。

個人的には人物→背景の順番にペン入れ、ベタ(黒塗り)とアミトーンを貼り、全体のバランスを見ながら仕上げることが多いです。

 

【目標3】出版社に見せる

完成したら出版社に持ち込み、賞に応募するなど見せる段階です。

フィードバックをもらうのは緊張しますよね。

作品のレベルアップにつながるポイントを整理して、次の目標を考えていきましょう。

デビュー後


専業漫画家になるまでは、別の仕事や勉強との両立が大変な時期でもあります。

生き方・働き方を変えたいときは、6回コースで無理なく準備しませんか。

 

【目標1】ネーム完結

新作の読み切り・連載漫画の準備をしているのではないでしょうか。

漫画家さんのなかには、先にコマ割りとページ数の目安になる「サムネイル」を作る人もいます。

デビュー前と同じように、完結を目指しましょう。

 

【目標2】担当編集者さんに見せる

担当編集者さんによっては、ネームなどの提出期限を設定する・しない場合があります。

自分から設定することも大切ですね。

 

【目標3】ネームを通す

目標1~2を繰り返し、編集長さん(媒体によって異なる)に「掲載可能」と決めてもらう必要があります。

自分の強みが活かせる漫画を描きたい、生計を立てることに悩むかもしれません。

根本の目指す生き方・働き方とセットで考えていきましょう。

専業漫画家


連載とともに専業漫画家の道スタートです!

スケジュールがタイトな時期、事業の準備をしたいときは3回コースで手早く進めてみませんか。

 

【目標】漫画を描くことに専念できる環境づくり

漫画家として開業し、事業主になっているかもしれません。

アシスタントさんに原稿サポートの報酬を支払う、確定申告など事務作業も増えます。

漫画を描くことに専念したいときは、それ以外のことを誰かにお願いする段取りを組みましょう。

漫画制作のアイテム


漫画制作をサポートする虹色キャリアワークブック記入例です。

大きな目標は、今日・明日から行動できるレベルまで小さくしましょう。