日常を変えたい 1-5

虹色キャリア1年生

日常を変えたい


キャリアには未知の可能性があるので、ときに「妖精がいるのではなかろうか」と思ったりします。

社会人2年目、仕事にも慣れて「私このままでいいのかな」と思い始めたとき、「日常を劇的に変えてくれる何か」を求めていました。非日常感を求めてほぼ毎週バリのリゾート風カフェに通い、ミルクティーをすすりながら「好きなことで生きていけたら人生楽しいのに」などとぼんやり考えていました。

 

「そうだ、漫画を描こう」

ご無沙汰だった創作活動を再開したことで、自分のなかに「核なるもの」が生まれたように思います。ペン入れの感覚は手が覚えていました。本当に自分が好きなことはずっとそばにいるんですね。

あなたにとっての「虹色キャリアの妖精」は何ですか?

 

 

※こちらのブログは、個人の経験・見解です

 

虹色キャリア

ライフ・キャリア・レインボー