没頭する時間

にじいろ絵日記

没頭する時間


「今、自分が亡くなったら絶対後悔する」

好きなアーティスト急逝のニュースが相次ぎ、突き動かされるように「まずは数日、本当に好きなことだけしかやらない」と決めて東京を飛び出す準備をしました。協力してくれた家族に感謝です。

 

スーツケースに荷物を準備していて思ったのは、「持って行けるものはそう多くない。ここで選んだものが本当に好きなこと・ものなんだ」ということです。

無駄に忙しくないか?


没頭してみると頭が軽くなりました。次にわかったことが

1.頭の中が常にフル回転だった

今から思えば燃費のいいものではありません。

「あれもこれもやらないと・・・」人間のからだはひとつなので、マルチタスクと言えど着手できているタスク(仕事・作業)は大体1~2つほどです。3~4つできる人もいるかもしれませんが、私の場合は前者だと思っています。

 

2.イベントのない日常の8割は雑務に消えていた

コアな仕事・家族とかかわる・本当に好きなことをするなど、自分にとって重要なことができているのは2割程度ではないかと思います。

「あれもできたらよかったな」と気になって、落ち着かない状態で眠りについた日が何日あったことか・・・

とは言え、雑務をやらなくていいわけでもありません。

そこで、効率を上げられる方法を見つけて、重要なことに着手する割合を増やしたいと考えました。

シングルタスクの強み


私の場合は高校生のとき、担任の先生から「猪突猛進やな」と言われるほど1つのことに集中するタイプです。

家族もそうで、卓球・漫画だけ突き抜けて努力するタイプの集まりです。よって、シングルタスクの方が強みを発揮できるんです。

しかし、今の私はサラリーマン・個人事業主・短大生なので、1つのことだけやっていられるわけでもありません。家族もいますので、日々家庭での役割(妻・母)があります。

 

最終的に導き出した答えは、「1日に盛り込む役割は3つまで×シングルタスク」です。

3つのうち、1つは家庭での役割が入るのであと2つ選び、作業中は他のことをしないようにします。

まずはタスクの棚卸


「全部やらないといけないことなのか?」

自分が抱えているタスクがどれぐらいのボリュームなのか、一度は卸する必要がありそうです。

人に任せられるのか、そもそも必要なのか・・・私も明日、早速棚卸してみようと思います!

 

 

※こちらのブログは、個人の経験・見解です

 

にじいろ絵日記

余暇人編

虹色キャリア

ライフ・キャリア・レインボー