人生100時代を考える!リアル研究室(ラボ)

人生100年時代を考える!リアル研究室(ラボ)


人生100年時代を考える!リアル研究室(ラボ)

本日(7月28日)、勉強カフェ溝の口スタジオにて『人生100年時代を考える!リアル研究室(ラボ)』を開催しました。ご参加いただいた方、スタッフの方、本当にありがとうございます!

 

前回、共催の藤井 楓さんと業界の裏話をシェアするリアル研究室(ラボ)初回を開催しました。

 

第2弾(今回)は参加してくださった方よりテーマをいただきました。

しかも、福祉の現場で働いていらっしゃる方が贅沢な資料とともに社会保障の基礎講座をやってくださり、人生100年時代に備える有意義な2時間になりました。

超長寿大国・ニッポン


日本の平均寿命が延び続けていることは、皆さまご存知のとおりです。

書店にも人生100年時代を見据えた働き方などの特集が組まれた雑誌が並んでいます。

先日(7月20日)には男女ともに平均寿命過去最高を更新し、男性は初めて80歳を超えたとニュースになっていました。気が遠くなりますが、自分の今後について考えることは避けられません。

 

はい、ここから宮宅の『ライフ・キャリア・レインボー』タイムがやってまいりました。

いつものように36色の色鉛筆を使います。まずは日本の平均寿命までのキャリアを6つの側面・役割(詳しくはホーム)で考えていきます。

「色鉛筆か、なつかしいな~」なんてコメントもいただきつつ塗ってくださるのですが、皆さま超集中して会場シーン・・・(笑)

選んだ色も塗り方も全員違います。世界にたったひとつの『ライフ・キャリア・レインボー』ができました。

気付きをシェアしていただくときも発見の連続です。まさに今ターニングポイントにいらっしゃる方、この色にしたエピソードが詩人のよう深くて「おお~」と声が上がりました。

社会保障って大事だね


リアル研究室(ラボ)の第2部は、超長寿大国に生まれた私たちを支えてくれる社会保障の基礎講座です。福祉の現場で働くYさんにお願いし、贅沢な資料とともにお話いただきました。

 

社会保障の全体像から社会保険のポイントを解説いただきましたが・・・知るって大事だね。

申請主義の日本では、生活保護など制度は知らないと使えません。支給額など細かい数字は覚えていなくても、名称を知っているだけで調べることができます。教えてくれる人が近くにいるといいですね。

 

質疑応答では、介護保険制度ができた背景など普段意識しないところも学ぶことができました。

「副(複)業が広がる今、社会保険はどうなるの?」「制度が時代のはやさに追いついていないよね」「税金のことだったら税理士だろうけど・・・誰に聞いたいいのかわからない」など、今後の課題も見えてきました。

いただいたご感想


リアル研究室(ラボ)最後にアンケートのご記入をお願いし、ご同意いただいた方のご感想を掲載します。重ねてお礼を申し上げます!

 

Sさん

家庭も仕事もバランスが大切と感じました。

 

A.Yさん

ライフ・キャリア・レインボーのワークをすることによって、役割という軸、年齢という軸の2つの軸で、自身の人生を見直すことができて良かった。

 

K.Tさん

ライフ・キャリア・レインボーのワークが興味深かったです。またタイミングをみてやってみたいと思います。

 

KTさん

他の参加者と意見交換出来る事が有意義だった。

 

 

※こちらのブログは、個人の経験・見解です

 

虹色キャリア

ライフ・キャリア・レインボー