心のスキマ 2-10

虹色キャリア1年生

心のスキマ


東京に来るまで、大阪で4年間一人暮らしをしていました。

当時、どこか満たされないところがあって、ふと寂しくなるときがありました。

仕事をする上でも、自分の好きなこと(漫画を描く)を十分活用できていない状況に、満足していなかったのではないか?と思います。

「これから、ずっとこのままなのかな」

「モヤモヤ・・・焦るものの、心は埋まらない」

そんな日々を過ごしていました。

 

心のスキマが埋まり始めたのは、愛と熱意を注ぐ対象ができてからです。先生・仲間・家庭・子ども・・・

仕事も、起業してから愛情・熱意を注ぐ対象になりました。

こうして漫画ブログを書き、読んでくださっていることを、とても嬉しく思っています。ありがとうございます。

 

 

※こちらのブログは、個人の経験・見解です

 

虹色キャリア

ライフ・キャリア・レインボー