女友達との付き合い方

ご相談例

女友達との付き合い方


【ご相談内容】

職場の女友達との付き合い方で悩んでいます。

「別れた恋人に借りた物を返したいから、付き添ってほしい」とか、「相談があるから会いたい」などと言われるのですが、彼女の都合ばかり優先されて、当日ドタキャンされたこともあります。

薄々感じていたのですが、何だか自分が都合のいい人間になっているようで、すごく悲しいです。

 

 

今回話してくださった「人間関係の悩み」ですが、職場のストレス要因で最も強いのは「職場の人間関係」です。

同性だから上手くいくわけでは決してなく、私のところに相談に来てくださった方には、同性の上司からのパワハラに悩む方もいらっしゃいました。

損得勘定で付き合う人


お話を伺っている限り、お相手は事あるごとに「友達という関係を使って、自分が得するよう人を動かす人」だそうです。

あなたの周りにはいませんか?

 

ちなみに私は起業前後、「あなたと話してみたい」と言われてランチや電話をしたら、ネットワークビジネスのお誘いだった経験があります。

価値観は人それぞれです。本人が好きでやっている分にはいいのですが、個人的には誘った目的を事前に言っておく必要があったのでは?と思います。

 

今は当時以上に時間が限られているので、そのような機会は無くなりました。

付き合いたくない人への対策


ここからは、ストレートに言って「付き合いたくない人への対策」です。

学生時代以上に忙しくなり、リソース(時間やお金)が限られている状態では、どうしても付き合う人を選択する必要があります。

 

誰だって、多少は人から嫌われたくない気持ちがありますよね。

育った環境もあって、この瞬間から気の持ちようを変えるのは難しいし、絶縁宣言するのも気が引けるかと思います。

そこで「フェードアウト作戦」はどうでしょうか。

上の画像は、「これフェードアウトやなくて瞬間移動や!」ツッコミを狙ったものになってしまいました。

 

パワハラのように、相手が近くにいること自体がストレス要因になる場合は、部署異動など物理的な距離を取ることが有効なケースがあります。

今日からできること


「フェードアウト作戦」では、相手が入り込む余地を減らすべく、以下のことを試してみてはいかがでしょうか。

 

1.目標を作って、習い事や勉強で「程よく」忙しくなる

2.付き合いたくない人との接触頻度を減らしていく

3.「この人いいな」と思う人と付き合う

 

あなたの時間やお金の使い方は、あなたに選ぶ権利があります。

幸せになるために使いませんか?

 

 

※こちらのブログは、個人の経験・見解です

※制度は変更になる場合がありますので、現行のものを確認してください

 

ご相談例

人間関係編

虹色キャリア

ライフ・キャリア・レインボー