上司との関係に悩んだら

ご相談例

上司との関係に悩んだら


【ご相談内容】

新しく着任した上司との関係に悩んでいます。

最初はいい人だと思っていたのですが、私が仕事の知識不足であること、特別な資格を持っていないのに同じ給与であることが気に入らないようです。

私にだけ「人としてどうなの」「ふざけてるの?」など、指導と言うには厳し過ぎる言動が目立ちます。

夜も「今の仕事は、自分には向いていないんじゃないか」などと考えると、ぐっすり眠れません。

 

 

新年度、入社・退職・異動などがあり、人間関係の変化もあったかと思います。

今年のゴールデンウイークは最長10連休あったので、今後についてゆっくり考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ストレス要因のトップクラスは人間関係


前回のご相談例ブログ「女友達との付き合い方」にも書きましたが、ストレス要因のトップクラスに君臨するのが「人間関係」です。

 

今回のご相談は上司と部下の関係で、上司は口頭やメールなど、あらゆる接触手段を用いて攻撃してくるそうです。

周囲の助けがあるわけでもなく、ひたすら孤独に耐え忍ぶ日々・・・おかげで人間不信になり、積み重ねてきた職歴を無意味に感じるようになったとおっしゃっています。

 

同じような事例はいたるところで発生しています。

知人の職場では、パワハラで有名な上司が新しく部下になった人を「お前」と呼び、罵詈雑言を浴びせてくると伺いました。

 

パワハラ・嫌がらせ行為を受けたら、受け取ったメールやメモなど、「証拠」をひとまとめにしておきます。

口頭なら、いつ・どこで・何を言われたのかメモしておきましょう。

退職前に考える選択肢


仕事だけではなく、人格まで否定される日々が続けば、心身に支障が出ます。

これは早急に対応する必要があります。

選択肢としては

 

1.転職する

けっこう高い確率で選ばれる選択肢です。

気を付けたいのは、転職先に今の職場と同じパワハラ気質の人がいる可能性です。いた場合、転職を繰り返すリスクがあります。

 

2.部署異動する

いくつか部署があり、悩みの原因になっている人と物理的な距離がとれる場合は、直属の上司に事情を話して(必要ならばパワハラの証拠も提示)、人事部に異動できないか聞いてみましょう。

 

3.現状維持

我慢比べになってしまい、いつか限界が来ます。

どちらかが異動になる日が近づいているならば、この選択肢もありです。

今日からできること


1.パワハラ・嫌がらせ行為の証拠を集める

2.上記1~3の選択肢など、自分にとってどの選択がベストか考える

3.いざ、行動!

 

今回相談に来てくださった方から、後日お知らせが届きました。

「部署異動の希望が通り、引継ぎからの新しい仕事に取り組んでいます。

まだまだ余裕が無いのですが、今後は自分が興味を持っている分野の勉強もしていくつもりです」

応援しています!

 

 

※こちらのブログは、個人の経験・見解です

※制度は変更になる場合がありますので、現行のものを確認してください

 

ご相談例

人間関係編

虹色キャリア

ライフ・キャリア・レインボー