ホームページ作りは起業の試金石

ホームページ作りは起業の試金石

ホームページ作りは起業の試金石


お金に書類・・・起業準備の最初が肝心!の次は、時間が必要なことです。

今回のブログは、ホームページ作りについてお伝えします。本業らしい内容が入ってきました。

 

「FacebookなどSNS※1をやっているけど、ホームページいるの?」というご意見もあると思います。

私も色々試した結果

・独自性の高さ

・ある程度のかっちり感(格式、風格)

・情報提供から決済まで、ワンストップで引き受けてくれる

存在は、現時点でホームページ以外見つかっていません。

 

何となく起業をイメージ中の人も、ガッツリ事業計画を作っている人も、伝えるために徹底した言語化・見える化を求められるホームページ作りが試金石※2となるはずです。

 

※1 Webサイトの会員制サービス

※2 ある物事の価値、人物の力量を見極めるテストのようなもの

まずは無料でホームページ作り


私が起業の専門家に初めて個別相談した日、準備としてホームページ作り(最終的に独自ドメイン)をすすめられました。

「ホームページ作り、学生時代にパソコンの授業でやって以来・・・」

時代とともに進化し、今やソースコードの知識も不要、無料で使えるホームページ作成ツールが複数あります。

「Jimdo、Wix・・・」私はどのツールを使おうか調べて選ぶところから始めました。

提供しているサービス内容、更新しやすいかどうか相性も大事ですね。

 

ここで「誰かに依頼して作ってもらった方が、きちんとしたホームページができるのでは?」という声が聞こえてきそうです。

個人的には「プロに依頼するのは、自分が伝えたいことが確固たるものになってからでも遅くはない」と考えています。

特に起業準備~初期は試行錯誤の連続です。事業内容や仕組みも大きく変わる可能性があります。

その度に変更していると経費がかかり過ぎる恐れがあるのです。

私の場合、自分のボキャブラリーが変化して一字一句気になるときがあるので、自分で更新できるツールを使っています。

 

自分で作る利点は、お金以外にもあります。

それは「作っているうちに伝えたいことが明確になる」です。

ホームページは誰かに自分や自分のやっていること(事業)を知ってほしいから作りますよね。

そのために他社のホームページを見て研究する、伝わる文章を考える、イメージしやすいよう画像を集める・・・このイン&アウトプットが事業を磨いてくれます。

 

資金が潤沢、自分で調べたり作る時間がない(手間や時間をお金で買う)場合は、プロにお願いするのもありです。

その場合もイメージのすり合わせは必要です。

ホームページができたらSNSにつなげる


ホームページを作っているとき「作っただけでは陸の孤島」と学びました。

そこで、以前から使っているFacebook(Facebookページも開設)、Instagramで共有することにしました。

複数のSNSとセットで使うと、ホームページへの入口が増えます。

私のホームページも、SNSを通して来てくださる方が多い印象です。

起業やホームページに必要な時間の魔力


私が起業して2年目のとき、起業の専門家に「早く事業を育てたくて焦っている」ことを相談しました。

そのときに「年を重ねる、時間が解決してくれる時間の魔力がある」とアドバイスされ、肩の力が抜けました。

 

起業は開業届を出したら、ホームページは一度作ったら終わりではなく、更新と継続が必要だと実感しています。

今は家庭での妻・母の役割も忘れず(起業1年目は忘れそうになりましたが・・・)、その上でできることをコツコツ続けています。

今回のゴール


・無料で使えるホームページ作成ツールを調べる

・選んだツールでホームページを作る(まずはトップページ)

・ホームページを公開したらSNSにつなげる

 

 

※こちらのブログは、個人の経験・見解です

※制度は変更になる場合がありますので、現行のものを確認してください

 

虹色キャリア

ライフ・キャリア・レインボー

虹色キャリア・宮宅 優に相談したい人は

自分でじっくり考えたい人は

もっと記事を読みたい人は