職場環境が原因の転職活動前にできること3つ

職場環境が原因の転職活動前にできること3つ

入社前、できるだけ職場周辺の雰囲気も見ておきましょう。

職場環境が原因の転職活動前にできること3つ


【相談例】

人通りが多い店舗で接客業をしています。

あまりにも多忙で騒がしいため、バックオフィスで働きたいと思い転職活動しました。

採用の連絡が来ましたが、条件的に厳しいため見送りました。

 

 

相談者さんの多くは現状を変えたいと思い、転職活動しています。

採用の場で得られるものも多くあるでしょう。

しかし、相談例の相談者さんが転職活動前にできることが3つあります。

 

1.目指す生き方・働き方を決める

2.職場環境、仕事内容などの優先順位を決める

3.今の職場に相談し、変えられる可能性があるか確認

 

これから、順番にお伝えします。

1.目指す生き方・働き方を決める


私も転職経験があり、はやく現状を変えたい気持ちはわかります。

ですが、最初に目的(目指す生き方・働き方)を決めなければ、迷走する可能性が高まります。

いたずらに履歴書の職歴を増やすことは避けた方がいいです。

 

仕事は自分のリソース(時間、お金、労力など)を大量投入します。

できるだけ目指す生き方・働き方に合った企業を選ぶため、急がば回れ精神でいきましょう。

2.職場環境、仕事内容などの優先順位を決める


相談例の相談者さんが気になる条件は主に3つ

・職場環境(特に店舗内外)

・仕事内容(バックオフィスで働きたい)

・賃金(基本給、各種手当)

 

これらを総合的に考えた結果、採用の連絡があった企業への入社を見送ったそうです。

初回相談時は希望する条件の優先順位が決まっていなかったので、こだわりやライフプランの整理が必要でした。

不動の1位と多少は譲歩できる2・3位を決めてから、求人情報を見ることをオススメします。

3.今の職場に相談し、変えられる可能性があるか確認


相談例の相談者さん以外にも

・今の職場には相談していない

・耐えるか辞めるかの二択になっている

場合が多い印象です。

そこで質問です。

 

「転職先で同じ問題に遭遇したら、どうしますか?」

 

転職活動中に質問される退職理由は、転職先で存在しないことを前提に考える必要があります。

働き方は人事異動によって簡単に変わるため、今の職場で何とかできるなら何とかした方がいいです。

耐えるか辞めるかの二択にプラス、「変える」を入れてみてください。

相談後のアクション


職場の上司に相談した結果、現状を変えることが難しいと言われたそうです。

 

転職活動を再開し、今度は未経験の職種にも範囲を広げたいと話していました。

未経験の場合

・目指す生き方・働き方から大きく外れないか

・今日までの経験が活かせるか

・必要なスキル、資格はあるか

確認し、アピールポイントにつなげたいところです。

 

相談者さんが目指す生き方・働き方を実現できるよう、引き続き応援します!

虹色キャリア・宮宅 優に相談したい人は

自分でじっくり考えたい人は

もっとブログを読みたい人は