まずはこれだけ!仕事のポイント推し3つ


仕事の決め手は愛

【挿絵紹介】

ドラマ(ラブコメ時代劇)に出てくる、推している男性キャラクター(以下、推しキャラ)を描きました。

時代の寵児から悪役へと変わる人生の明暗を、青系のグラデーションで表現しています。

推しキャラの仕事選びは愛情の獲得が決め手だと思い、アオリ文は「仕事の決め手は愛」にしました。

仕事のポイント推し3つ


ドラマはキャリアデザインの見本市!

仕事のポイント8つの中で推している

1.仕事内容

2.働く時間

3.報酬

この3つを、推しキャラとともに紹介させていただきます。

 

まずは、推しキャラと出会ったドラマの紹介を少し・・・と言いつつ、文字入力が進む!

主な舞台は、国一番の学校です。

推しキャラは学校一の秀才で、自分を救ってくれた幼なじみ(以下、ヒロイン)に片思い中。

しかし、ヒロインを陰ながら見守る教師(以下、ヒーロー)の登場で三角関係になります。

男性キャラのツンデレ加速と国を揺るがす大事件発生で、ストーリー展開は大忙し!

 

推しキャラは、男性キャラの二番手です。

美男美女が大集合の中で推したくなったきっかけは、ギャップ萌え、すさまじい実行力、仕事シーンが多いetc.

 

・・・お待たせしました。

次の項目から、仕事のポイント推し3つを一挙紹介!

1.仕事内容


会社員として働くときに受け取る労働条件通知書には、「事務」など一言だけ書いてあることも。

実際は、一言でまとまらないほど色々な仕事をしているのでは?

やりたい仕事内容を考えるときは、仕事リストとして使えるくらい詳しく書くといいですね。

 

【推しキャラの場合】

家が没落して世間から冷たい仕打ちを受けたことが、仕事選びにも影響を与えます。

在学中から裏稼業に手を染め、裏取引で国の中枢部門に配属されました。

仕事と勉強の裏側には、「もう見下されたくない」「認められたい」という強い願望があったようです。

2.働く時間


時間は、人生をカウントする単位です。

仕事では

・始業時刻

・終業時刻

・休憩時間

・所定時間外労働(残業)の有無

この4つをおさえてくださいね。

 

【推しキャラの場合】

朝から晩まで登場するので、「いつ寝ているの?」と思いました。

ドラマ終盤は、寝食を忘れ過ぎて疲れ果てていた・・・。

判断力が落ちて身だしなみも気にしなくなり、破滅の道を突き進みます。

3.報酬


希望の報酬は、毎月の生活費を確認してから考えることをおすすめします。

生活費1か月分を参考にして

・基本の月給

・交通費

この2つを合わせた手取り額(預金口座の入金額)を仮決めしましょう。

残業代は毎月変わる可能性があるので、一旦保留です。

 

【推しキャラの場合】

裏稼業や重役に就いたことで、巨額の報酬を得ていたはず。

ですが、推しキャラの生活は「そんなにお金いる?」と思うほど簡素でした。

家が没落して苦しんだ経験が、お金や地位に執着する原因になったと思われます。

なりたい自分が仕事を決める


最後に、なりたい自分が仕事を決めることを紹介させていただきます。

なりたい自分とは、望む生活をしている自分のことです。

人生の方向性を示すガイドともいえるので、仕事にも影響を与えます。

 

【推しキャラの場合】

立身出世して、愛され認められる自分になろうとしていた推しキャラ。

ドラマ中盤に「これが最もなりたい自分像では?」と思うような、本音を語るシーンがありました。

まとめると「大好きなヒロインと穏やかに暮らす自分」です。

現状は、ヒロインとヒーローが両思い、自分の仕事は表裏ともに崩壊寸前・・・。

結果、最もなりたい自分にはなれませんでした。

 

最終回を思い出したら切なくなってきた・・・。

推しキャラには、自分の本音に向き合う大切さを教えてもらいました。

やはり、ドラマはキャリアデザインの見本市!